« 四人囃子/Neo-N | トップページ | 森園勝敏/クロス・トーク »

2010年8月25日 (水)

四人囃子/ダンス

Dance


 Neo-Nから10年後の89年に、佐久間、岡井、坂下の3人で再結成された作品。どうやらベースの佐久間が全面的に主導権を握った形で再編成のようであり、従来の感覚でいえばキーボード・トリオと形容するところだが、気張って彼がギターまで担当しているのが注目される。つまり佐久間は四人囃子の第3のギタリストになった訳だ。
 音楽的には前作「Neo-N」で展開されたテクノ/ニューウェイブ的コンセプトをそのまま10年後のトレンドで推し進めたところだろうが、前述の通り、既に佐藤ミツルもいなくなっているので、従来の四人囃子にあったオーソドックス的なロック・センス、プログレ的なドラマ性は大幅に後退している内容だ。

 そこにあるのはマガジン(というかバリー・アダムソン)あたりと共通するかのような、ギラギラとしてアシッド、かつ退廃的な香りがするエレクトロニクス・サウンドの肌触りだろうか。まぁ、このあたりこそ「プラスティックスの佐久間」のセンスだったのだろう。
 1曲目の「一千の夜」からして、ヴォコーダー、パワー・ステーション風なファンキーなギター・リフ、オブジェのように配置されたギター・ソロ、「Neo-N」での手数の多さが嘘のようにまるでアート・オブ・ノイズの如きリズムを刻むドラムと、本作がコンセプトが明々白々である。2曲目のタイトル・トラックではエレクトライブ101を思わせるダークな温度感のサウンド、3曲目のキャバレー風なサウンドにクールなテクノ・サウンドを組み合わせたクレバーなアレンジと、とにかくばりばりにエレクトリックな音楽になっている。

 さすがに、ここまで煌びやかで都会的な音を繰り出させると、音楽的受容能力はけっこう寛容な方だと思う私でも、「これが四人囃子なのか」と思ってしまう。まぁ、ジェネシスだって同じ頃に、70年代前半の頃とは似ても似つかぬポップな音楽をやっていた訳だから、これだって、聴き込めば「四人囃子らしさ」はみえてくるのかもしれないが、ここで展開されたダークで金属的なアンサンブルは、やはりかなり違和感があると云わざるを得ない。
 四人囃子といえばやはりバンドを構成する各メンバーの名人芸みたいなところが確実にあった訳だし、ここでは打ち込みを主体としたサウンドは、四人囃子として新たな個性を感じる前に、当時のトレンドに四人囃子が塗りつぶされてしまったような、ある種匿名性が高いサウンドに感じてしまうのだ。

« 四人囃子/Neo-N | トップページ | 森園勝敏/クロス・トーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552114/49279139

この記事へのトラックバック一覧です: 四人囃子/ダンス:

« 四人囃子/Neo-N | トップページ | 森園勝敏/クロス・トーク »

● 愚にもつかぬ つぶやき