« プリズム/プリズム | トップページ | 吉松隆/タルカス~クラシック meets ロック »

2010年7月28日 (水)

森園勝敏のソロ二作

4109060368

・バッド・アニマ
 プリズム脱退後の1978年に制作されたソロ第一作。プリズムのようなスポーティーなフュージョンではなく、ブラス・セクションをフィーチャーし、ブルース色やファンキーっぽさを表に出したけっこう渋い仕上がりである。実はこの作品も初めて聴くのだが、一聴した印象としては、ちと趣味性に走りすぎて地味になってしまったような感もないではない。聴く前の予想としては、もう少し「レディ・バイオレッタ」のような、快適フュージョンのような曲があるのかとも思ったが。どうもコンセプト自体そういう方向は眼中になったようだ。
 まぁ、なんていうか、昔の言葉でいえば、ひたすらレイドバックした音楽をやっているという印象なのだが、どうせこういうアーシーな音楽を指向するなら、もう少し本場っぽいコクや濃さが欲しかったという気もするし、なにしろ、もう少しギターを聴かせてくれてもよかったろうと思う。とりあえず、本作で四人囃子的なプログレセンスが感じられる作品といえば、やはりB面の「ハイタイド」と「スペーストラベラー」あたりだろうか。こういうくぐもっていて、しかも浮遊するようなセンスは、四人囃子というより、やはり森園のものだったのだ。

・クール・アレイ
 「バッド・マニア」に続くソロ第2作(78年)、前作はそれなりにヒットしたらしく、それを受けて本作では当時流行ったLA録音が敢行された。参加したメンツは知らない人ばかりだが、ジム・ケルトナーが参加しているのは豪華ではある。音楽的にはブログレ的な1曲目だけはちょっとギョっとするものの、残りの曲はほぼ前作ラインのレイドバックしつつ、ちょっとアーシーな色づけをフュージョンといったところ(前作同様アレンジが中村哲のせいもあるだろう)。もちろんブラス隊も参加している。また、今回は本場のミュージシャンの参加を得たせいか、音楽的には前作以上にメリハリがあり、森園も一ギタリストに徹したプレイを聴かせるのはうれしいところだ。
 ちなみにカバーが何曲か収録されていてるが、どれもアメリカ産の渋いものばかりというのはおもろしい。ひょっとする海外でのセッションだったから、あえてこういう曲を取り上げただけなのかもしれないが、やや線は細い感はあるものの、なかなか堂に入ったプレイではある。いずれにしてもこういう曲をやりたかったギタリストが4人囃子でギターを弾いていたのは、振り返ればおもしろいことである。

« プリズム/プリズム | トップページ | 吉松隆/タルカス~クラシック meets ロック »

05 その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552114/49012348

この記事へのトラックバック一覧です: 森園勝敏のソロ二作:

« プリズム/プリズム | トップページ | 吉松隆/タルカス~クラシック meets ロック »

● 愚にもつかぬ つぶやき