« MARILLION / Somewhere Else [1] | トップページ | 四人囃子/PRINTED JELLY »

2010年6月24日 (木)

MARILLION / Somewhere Else [2]

Somewheree


06 A Voice From the Past
 前半のハイライトだったタイトル・トラックを受けて(この継続感はアナログのA面とB面の配列という呼吸を感じさせる)、やはり暗い抒情とある種の追憶を感じさせる情感がただよい、またそこはかとない哀感を感じさせる曲である。全体に起伏かなだらかで、音数も少ないあたり、これまた前作「Marbles」の余波のような雰囲気を感じさせるが、次第に分厚いサウンドへと発展していくあたりの段取り感は、旧来のマリリオンらしさがにじみでているともいえるだろう。ハイライトでここ一発という感じ登場するギターなどもいい感じである。

07 No Such Thing
 こちらは今風なギター・ロック風な音楽。ちょっとレディオヘッド的屈折や浮遊感を感じさせるボーカルとサウンドでもある。それにしても、ここまで聴いてきて思うのだが、本作には「Anorak」まで聴かせてきた、シャープでエッジの効いた光沢のあるサウンドというのがほとんど出てこない。おそらく前作を転回点として、マリリオンはそのサウンドの肌触りをかなり変化させているようだ。考えてみればマリリオンも既に20年選手な訳だから、そろそろ枯れてきたというところなのかもしれないが。

08 The Wound
 アップテンポで進む比較的伝統的なマリリオン風なダイナミズムを感じさせる作品。ただし、やはりサウンド的には60年代回帰というかガレージ風な肌触りもあって、前作の余波のようなものを感じさせる。曲としてはファンタスティックなアルペジオが良いアクセントになっているし、後半、あれこれ目先を変えて進んでいくドラマチックな展開は、正直いうと今一歩不発な感がなくもないが、きっとライブなどでは盛り上がる曲なんだろうな…などと思ったりもさせる。

09 The Last Century For Man
 これもマリリオンらしいメロディックさが発揮された曲だが、サウンドの方はレズリーを通したギターやスカスカなドラムス(あきらかにリンゴ・スター風であり、モズレーは実に楽しんでそれをやっている感じだ)など、やはり60年代回帰っぽいサウンドだ。後半にちょっと「ミスター・カイト」を思わせるドリーミーでファンタスティックなサウンドへと発展していくが、あたりも展開はなかなかおもしろいものがある。

10 Faith
 これまたビートルズ風な曲。アコギのイントロは「ブラック・バード」を思い出させる淡々とした風情で進んでいくが、中盤からバンドサウンドになり、ちょっとバカラック風なリズムを盛り込んで、ポップに進んでいき、アルバムのラストなにのけっこうあっさりと終わってしまうのはちょっと意外な感がなくもない。このあたり、おそらく近年のマリリオンというよりは、おそらくオーガスのセンスなのだろう…。私は未聴だが、ホーガスのソロ・アルバムも出しているで、そこではおそらく本作のような音楽をやっているのではないだろうか?。そのくらい本作ではホーガスのセンスが強く露出している…と私は感じた。

« MARILLION / Somewhere Else [1] | トップページ | 四人囃子/PRINTED JELLY »

01 メジャー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552114/48725065

この記事へのトラックバック一覧です: MARILLION / Somewhere Else [2]:

« MARILLION / Somewhere Else [1] | トップページ | 四人囃子/PRINTED JELLY »

● 愚にもつかぬ つぶやき