« The Best of MARILLION | トップページ | STEVE HACKETT / Darktown »

2010年4月 6日 (火)

EGG / egg

Image03


 エッグはかのデイブ・スチュアートとモント・キャンベルを擁し、カンタベリー系としては珍しくクラシカルな色彩を色濃く出していたバンドとして、60年代末期から70年代初頭にかけて活躍した名バンドである。彼らの音楽は大局的にいえば、クラシカル・ロックという形容すべきものだったが、例えば同時期に似たようなことをやっていたナイスやエクセプションといったバンドとは、全くといっていいほど雰囲気の異なるものだった。このあたりを評して、当時、たかみひろし氏はライナー・ノーツで「ロックをクラシックっぽく演奏するのがナイスやエクセプションで、エッグはクラシックをロックっぽく演奏している」旨のことを書いていたように記憶しているが、今から考えるとこれは間違いではないとしても、実は肝心の点を見落としていたようにも思う。

 それは、エッグというバンド....いやモント・キャンベルというべきだろうが、ともかく自分たちがターゲットとするクラシックの作曲家が他のバンドとは、全く違っていたという点である。彼らの音楽はナイスと同様、バッハを素材とすることもあったけれど(デイブ・スチュアートの趣味だった可能もある)、その多くはスラヴィンスキーを筆頭とする20世紀の音楽を、バンドの音楽的素材として大胆に持ち込んでいたということである。この傾向は1975年に一時的にエッグを復活させた時に制作された3作目の「The Civil Surface」に大胆に明らかになっているが、1作目の「交響曲第2番」、2作目の「小品第3番」といった大作にも色濃く漂っていて、非抒情的でメカニックな雰囲気、モダンな和音や調性感、奇妙なユーモア、幾何学的に作られたリズムといった点などは、同時代のいかなるバンドとも違う、独特な音楽至上主義的な佇まいというか、シリアスさのようなものをこのバンドに与えていた。

 さて、このデビュー・アルバムであるが、今回のリマスター化(2008年)に際して従来のヴァージョンから大きな変更というか、追加がある。それはオリジナル・ヴァージョンではカットされていた「交響曲第2番」の第三楽章が復活していることだ。当時は第二楽章に続いて収録されていたコラージュ風な「ブレーン」が、第三楽章に相当するものだとばかり思っていたが、実はちゃんと存在していたという訳である。問題の第三楽章は、なんとストラヴィンスキー「春の祭典」の「春のきざし」を額縁にして、ホルストの「惑星」の「海王星」をトリオ風にいれるという引用で彩られた、スケルツォ楽章なものであった。そういえば、オリジナルLPの裏ジャケには「春の祭典」がどうのこうの書いてあったようにも思うが、実はこのことだったのかと聴いて納得した次第である。ともあれ、これが復活したことで、この曲の交響曲としての体裁は形式的には更に整ったことだけは間違いない。まさに原典版の復活である。

 ただし、この第三楽章、おもしろいはおもしろいのだが、正直いってカットも致し方ない出来だったとも思う。「春のきざし」のリズムを使うのはいいとしても、やや使いあぐねて鈍重なものになっているし、そこから「天王星」というのもやや唐突感があり、全体としては冴えない感じがしてしまうのだ。おまけに「ブレーン」で散々効果音をぶんまわした後に、このリズムでは、構成上「ロックはどっかに行ってしまった」感じはするのも問題であったのだろう。ともあれ、「ブレーン」が終わると、カットインして第四楽章が始まるというのは、実に絶妙なハサミの入れ方であったと思う。もっとも、私のようなロートルは旧版があまりに刷り込まれているから違和感を覚えるのであって、今から聴くならより重厚さが増したこちらを聴いて方が良いと思うムキもあるかもしれない。完全版でこの曲を初めてこれを聴いた人に、ぜひ「カットの是非」について意見を聞かせてもらいたいところだ。

« The Best of MARILLION | トップページ | STEVE HACKETT / Darktown »

03 カンタベリー周辺」カテゴリの記事

コメント

>そういえば、オリジナルLPの裏ジャケには「春の祭典」がどうのこうの書いてあったようにも思うが、実はこのことだったのかと聴いて納得した次第である。

アナログのジャケットで見たら書いてありますね。

「収録されていない」ってあるんで、ある意味これをそのままジャケットに刷ったままにすると、嘘になってしまうんだなぁ。で、せっかく探しだしたので、アナログのB面を聴いております。

> 「収録されていない」ってあるんで

あぁ、やっぱりありましたか。実はあの交響曲は第2楽章も「春の祭典」から一部引用されているので、そのことを書いてあるのかとも思ったんですが、「収録されていない」と明記されているということは、当時から第三楽章は存在だけは確認されていたのですね。私など今になってその存在を知ったということは40年おせーよ。ということか(笑)。

ご安心下さい。オレも言われて初めてCDじゃ字が小さすぎて見えないので、アナログ引っぱり出してきて、多分初めて読んだw。

アナログジャケットの裏のクレジットでは
Movement 1
Movement 2
Blane
Movement 3
Movement 4

と記されていてます。

ということはリリース直前の段階でカットが決定したということかな
まぁあの内容からすると会社から横やりが入ったというより
自己規制の可能性の方が高いという気もするが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552114/48015938

この記事へのトラックバック一覧です: EGG / egg:

» HATFIELD AND THE NORTH / Archive Recordings 1973-1975 vol.1 "Hatwise Choice" [その1] [BlogOut別館]
 数年前に発表されたハットフィールド&ノースの未発表音源集である。ピップ・パイル [続きを読む]

» Egg [プログレを語ろう]
正真正銘、知る人ぞ知る名盤なのですが、一般的知名度はかなり低いと言わざるを得ません。エッグは、デイブ・スチュアート(オルガン他)、モント・キャンベル(ベース、ヴォーカル)、クライヴ・ブルックス(ドラムス)の3人組です。ただし、初期の頃に、ギ... [続きを読む]

« The Best of MARILLION | トップページ | STEVE HACKETT / Darktown »

● 愚にもつかぬ つぶやき